ご予約・お問い合わせはメール・LINE・電話で

街頭鑑定歴30年 お気軽にお立ち寄りください

本日20時より営業します(雨天の場合はお問い合わせ下さい)

鬼滅の刃大フィーバー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
萩野ひとみ

こんにちは、神戸三宮の当たる占い・稲荷堂の萩野ひとみです。

いやはや、10月も半ばを過ぎました。

急に寒くなったので炬燵を出しました。

世の中コロナもまだ終息の気配もないですが、

映画館は大行列!とな。

ご多分に漏れず 私も鬼滅の刃を見に行きました。

夜中のアニメでやってた時は、なかなか面白いね、ぐらいで熱心に見てなかったのですが。

ミーハーの血が騒いで 色々見ているうちにハマりました。

特に推しは冨岡義勇です💕

クールだけど、圧倒的に頼りになる。

俺が守る!

そんなん言われたことない〜、、

失礼しました💦

たかがアニメですが、凄く深い話だと思うのですよ。

鬼滅の刃は明治、大正の時代ですが、もっと前には陰陽師が鬼退治をしていたような。

今では鬼は空想の生き物ですが、実際いたかどうかは分かりません。

でも、鬼とは、今だって鬼のような人は沢山いますね。

そして又、鬼滅の刃に出てくる鬼たちは、人間だったんです。

人間が鬼になっていく理由は色々でした。

でも、今も 生まれながらに悪人はいない。

赤ちゃんはみんな澄んだ目をして、愛らしい。

今も尚 鬼のような人は健在だけれど、鬼になる理由はあるのだろうと、私は思うんです。

鬼は闇にしか生きられない。

日の光で死んでしまうのです。

その意味も、深いなぁと思います。

光ばかりの世界では光がどれだけ明るいかわかりません。

その逆も、、闇だけの世界では闇の暗さはわからない。

闇があり光があるから、光が明るいとわかるのです。

そして光は闇に勝る。

余談ですが、ある方のセミナーでこんな話を聞きました。

地球以外の星は、生まれてから沢山の進化をとげて、光しかない。愛しかない。喜びしかない。幸せしかない。

だから、どれだけ幸せかもわからない。

地球はまだ生まれてから そんなに経ってないから 喜怒哀楽があり、テレパシーじゃなく言葉を持ってコミュニケーションをとっている。

それは他の星から見たらテーマパークのように ワクワクする場所!らしい。

で、わざわざ悲しみや怒り、苦しみを味わう為に地球にやってくる異星人がいるのだそうです。→地球人になりすましている!

話は戻りますが 鬼は手足を切られても すぐに再生します。

無惨は千年以上生きてるらしいし、日の光に当たらない限り老いることも死ぬこともない。

でも、人間は手足を切断すれば無くなるし、老いて死ぬ。

長生きしたとて、100歳ちょっと。

だからこそ、楽しく、明るく生きた方がいい。

辛いことは必ずある。

それは、経験するために自分が選んだシナリオ。

わざわざ選んだシチュエーション。

そう割り切れないけど。

闇に生きるか 日の光に生きるか。

それが鬼になるかどうかなのでしょうか?

辛くて笑えない時もあります。

人を恨んだり憎んだりもします。

でも、、、

必ず朝は来る。

必ず太陽は出る🌞

冨岡義勇のように、

私に任せろ!って 手を引いてあげられる存在になりたいなって思います。

その為にも、自分がいつも日の光の元にいたいなって思います。

あっ、関西だけかもですが金曜日7時から鬼滅の刃をやりますよー!

ちょっと深読みしながら 見てみて下さいな(笑)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
萩野ひとみ

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 神戸三宮の当たる占い・稲荷堂 , 2020 All Rights Reserved.