ご予約・お問い合わせはメール・LINE・電話で

街頭鑑定歴30年 お気軽にお立ち寄りください

本日20時より営業します(雨天の場合はお問い合わせ下さい)

心の声を聞く!・・・私はなんで不安なの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
萩野ひとみ

こんにちは。
神戸三宮の本格占い・稲荷堂の萩野ひとみです。

次々と起きる天変地異に 自然の力の偉大さ、怖さを感じるとともに 

何か大きなメッセージを感じずにはいられません。

被災されました方々には 一日も早く復興出来ますことを 心よりお祈り申し上げます。

ーーーーーーー

不安な気持ち、

災害がトラウマになってしまうことも多々ありますが、

全く何が原因かわからない場合もあります。

Yさんの場合。
遠距離恋愛の末 ようやく結婚と言う話が出た時、急に不安な気持ちが湧いて来ました。

ずっと待っていた言葉なのに、
嬉しくてたまらないのに、

話してる内に彼女は子供の頃を思い出したのです。
両親が喧嘩して お母さんが自分を連れて出て行った。
考え直して帰ってきたけど、それ以来 ちょっと大声で言い合うだけで 両親が離婚するんじないかと不安だった。

そしてもう一つ、お父さんの誕生日にタバコをプレゼントしたら 「子供がタバコなんか買って!」と怒られて
お母さんまで「あんたが悪い!」とかばってくれなかった。

今、大人のYさんが「私はあの時 喜んで欲しかったー」と言って号泣したのです。
泣くだけ泣いたら 「私、こんな事思ってたんですね。」とスッキリした顔をしていました。
父親に対する不信感は女性の場合、パートナーへの思いと繋がりやすい(パートナーが誠実であっても)
両親のあり方は子供の結婚観に影響しやすい。

Yさんはその後、彼の待つ街に嫁いで 今も幸せに暮らしています。
何が不安だったのか、自分の気持ちに気がついて、その時に仕舞い込んだ思いを手放せたから。
不安だった子供の頃の自分が安心した!

同じ環境に居ても妹は自由奔放で 両親が喧嘩していたことも 記憶にないらしい。

どの親の元に生まれるか?何番目に生まれるか?
思いを手放すか?仕舞い込むか?
きっとそれぞれの学びなんだと思います。

自分はちょっと 不器用で生きにくいなって言う人こそ 心の声を聞いてみませんか?
私がお手伝いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
萩野ひとみ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 神戸三宮の当たる占い・稲荷堂 , 2018 All Rights Reserved.